創業は昭和24年。学校給食のパンも製造する老舗
畑の新顔スイーツにも愛情たっぷり♪

SHARE

この仕事をしていてシアワセだなぁと感じるのは、この仕事をしていなければ、もしかしたら一生出会わなかったかもしれない人やお店、食べ物に巡りあえることです

今回も【畑の新顔フェア】のおかげで、稚内の老舗のパン屋さんの存在を知ることが出来ました!!

お店の名前は、【 Lumiere(リュミエール)
昭和24年創業の寺江食品㈱の本社工場前に、2年前に新しく誕生したベーカリーショップとのこと

寺江さんから画像を送ってもらったのですが、こんな感じのコンテナショップのようです

こちら、公式サイトにも載っている、お店の想い
昔、稚内にあった“高林デパート”の中に、リュミエールというお店があったようです

稚内に限らず、北海道には衰退している町が残念ながら多くありますが、“地元にはワクワクが必要です”という最後の言葉に、なんだか胸が熱くなりました

その想いがあるからこそ、北海道産の野菜を使ったスイーツをこんなにたくさん用意してくださったんですね^^

今回試食したのは、メムロピーナッツチョコ・メムロピーナッツクッキー
新十津川ガーリックラスク

クッキーとガーリックラスクは、形状が違う2種類の商品があるようです
どれも派手さはないけど、素朴なお菓子って感じで、食べているとホッコリしてきます

コーヒーを片手に、ゆっくり休憩したくなる感じ^^
甘いものの途中にガーリックラスクを挟むと、永遠に食べ続けられそうになってキケン(笑)

こちらは、メムロピーナッツ塩キャラメルタルトと、常呂町さつまいもタルト

さつまいものタルトはおめざに食べたい感じで、キャラメルタルトはウイスキーと一緒に大人のおやつとして食べたい感じ!!

リュミエールさんにはオンラインショップがあるものの、今回紹介した商品はラインナップはされておらずなのですが、問い合わせいただければ可能な限り発送も応対いただけるとのこと!
気になった方は、お店に問い合わせしてみて下さい^^

そうそう、発送が難しい北見産さつまいもの焼きいもサンドは、今回食べられなかったので、機会を作っていつかお店に直接行ってみたいなぁという、いい意味での心残りも出来たのでした^^