感じ方はそれぞれで良い
だけど考えさせられる作品の多い未来劇場

SHARE

2月25日(日)まで、札幌市内各地で開催されている【札幌国際芸術祭~SIAF
※一部の会場は期間が異なります

先日【未来劇場】会場へ足を運んできましたので、ワタシ的感想を・・・

未来劇場とは、元北海道四季劇場で今は東1丁目劇場施設と呼ばれている場所

こちらのステージだけではなく、舞台裏や奈落まで、すべてを会場として使用しているのです!

オサナイはもう、そのことにワクワクが止まりませんでした!
だって、普通は関係者しか入れない場所じゃないですか!!
この、ロープがギッシリの壁を眺めているだけでうぉぉぉ!と、感動してしまう(笑)

そして奈落をうまく活用した作品展示にも感動!

真っ暗闇に、モーター音と白い映像

そして作品にただ、感動するだけでなく。一つ一つに未来へ向けたメッセージがこめられています

このガラスでできた作品なんて、思わず見入ってしまうほど・・・

そしてメッセージが深い!!

深くて面白くて美しい!!!

と、順序が逆になってしまいましたが、入口(ココにもすでに音のアートがあります)から入ってすぐの会場には、“未来の風景”と題された巨大な展示物があります

どちらもモーターで動いている作品で、何とも言えない世界観があり、引き込まれます
時間も場所も忘れてしまいそうになります

レーザースキャナで写し出されたスイスの森
そしてその奥には・・・

白老町在住の国松希根太さんの巨木の作品
音も含めて、すごい存在感!!

さらにそこからステージに出た時の風景がこれ!!

さらにさらに、客席からステージをみた図

客席にセットされていた機械で色々楽しめたらしいのですが、あまり下調べもせずに、サクッとみていこうって感じで来てしまったので、まったくもって時間が足りず・・・
(ココで紹介した以外の作品もまだまだあります!)

ただ、会期中有料の施設を何度でも見て回れるパスポート(市民は2000円!)を入手済みですので、またゆっくり来ようと思っております^^
行く前に携帯で購入できるのがまた、楽で良いです^^

そして、近代美術館と芸術の森美術館にも、足を運ばなくては!!

 

そうそう、SIAFのビジターセンターがある、札幌文化芸術交流センターの1Fにあるこちらの会場は無料なので、ぜひとも足を運んでください!!

1分間の映像が13種類流れているのですが、こちらもまた、時間を忘れて見入ってしまう空間です!

ちょっと気分転換したい時にふらりと入るのもオススメ^^