HISTORY
&
FUTURE

札幌イーストエリア
歴史と未来

明治45年、札幌イーストエリアの地図
現在の東区・苗穂地区のあたりに大きくうねる川があるのがわかる。
かつてここは、豊かな水資源で栄えた地区だった。
<『札幌市町名区域図 札幌全区 地番明細連絡図』、明治45年、札幌市公文書館蔵>

札幌で最も古いまちが、
いま最も新しいまちへ。

北海道開拓の基礎が築かれ、産業のまちとして栄えた札幌イーストエリア。
近年、再開発が進み、新たなまちに生まれ変わろうとしている。
札幌の地図は、どのように変わっていくのだろうか。

HISTORY

「東」からはじまった、
札幌のまちづくり

札幌駅の東側に広がる札幌イーストエリアは、サッポロビール園や旧永山邸など、開拓使時代の歴史を感じる建物が多く残されている、市内でも歴史のあるエリアだ。
札幌の歴史は、江戸時代末期、大友亀太郎が現在の東区で開墾したことからはじまる。明治時代に入り、開拓使が置かれると、水資源豊かな札幌イーストエリアには数多くの官営工場が建てられた。その後、苗穂駅が開業し鉄道での運送が始まると、街はさらに活気づいていく。現在の北3条通は当時「札幌通」と呼ばれ、その名の通り、札幌のメインストリートだった。大正時代には道庁前から苗穂駅前まで市電が走り、通りには病院や銀行、商店が立ち並び、多くの人々で賑わっていた。

明治9年の麦酒工場
官営工場として建設したのち、民間に払い下げられ、サッポロビールの前身となる。 <『東宮殿下行啓記念 札幌麦酒写真帖』(明治44年8月発行)掲載、札幌市公文書館蔵)>
昭和32年の苗穂駅構内の様子
定山渓鉄道、千歳線、市電苗穂線が乗り入れ、物流の拠点でもあった。 <札幌市公文書館蔵>

FUTURE

再開発がすすみ、
まちが生まれ変わる

戦後の一時代、市電苗穂線の廃線や工場移転などで忘れ去られた感があった札幌イーストエリアだが、昭和終期~平成にかけて再開発が進んでいく。旧永山武四郎邸が整備され(昭和60年)、サッポロビール工場跡地を改修した商業施設「サッポロファクトリー」が開業(平成5年)すると、次第に周辺には個性的なショップやおしゃれなカフェなどがオープンし、若者たちが集いはじめる。平成30年には札幌都心のまちづくりを先導するひとつのプロジェクトとして複合施設「さっぽろ創世スクエア」が開業。さらに同年、苗穂駅が移転し、線路による南北分断を解消、駅前には大型マンションの建設が計画されるなど、札幌の都心はいま「東」へ広がりつつある。

昭和52年、苗穂駅上空からの空撮
中央のあたりが苗穂駅、上部が札幌駅。東は田園地帯の多かった明治45の地図(ページトップ)と比べると、大きく発展してきたことが伺える。<札幌市公文書館蔵>
札幌市の東西の境である創成川
江戸時代末期に大友亀太郎によってつくられた「大友堀」が元になっており、現在は遊歩道などが整備され市民に親しまれている。
札幌駅側へ約300m移転した苗穂駅
三代目となった駅舎は苗穂地区の歴史性や地域性を踏まえ、レンガを用いたデザインとなった。

まちの地図は時代に合わせて変化していくもの。
まさにアップデートしている
札幌イーストエリアに今、注目が集まっている。

SHOPPING ACTIVE RELAX CULTURE